文字を速く打つコツ。 - アフィリエイトで稼ぐ成功ビジネス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文字を速く打つコツ。

1つ目の文字を打つスピードですが
結論から言うと、

文字を打つのが遅くても、稼いでいる人はいます。

ですから、あまり気にしなくても
大丈夫ではあります。

ですが、それでは答えになりませんね。

また、文字が早く打てる方が良いのは確かですから
私なりのトレーニング法をお話しましょう。


【ブラインドタッチ習得法】

文字を早く打つためには、いわゆる
"ブラインドタッチ"を身につける
必要があります。

つまり、キーボードを見ないで
打つ、ということですね。

パソコン歴は長いけど、ブラインドタッチは
できない、という人は、意外と多いものです。

私自身も、当初の数年間はできませんでした。

ですが、少しのコツを覚え、慣れていけば
そこまで難しいものでもありません。

それに、一度身につけてしまえば、
一生使い続けられるスキルですから、
ぜひ、覚えてしまいましょう。


■1.母音の位置を覚える
――――――――――――

ほとんどの場合、文字入力は
ローマ字入力を使っていると思います。

となると、要は母音と子音の組み合わせで
文字を打つことになりますね。

圧倒的によく使うのは母音のキーです。

ですから、母音の位置をしっかりと
マスターすることがポイントになります。

具体的に言うと
"A"、"I"、"U"、"E"、"O"
の位置ですね。

まずは、この5つのキーを
徹底的に叩き慣れましょう。

そして、もう1つ大切なのが
どの指を使うか、ということです。


基本的には、

"A"→左手小指
"I"→右手中指
"U"→右手人差し指
"E"→左手中指
"O"→右手薬指

という組み合わせになりますから
まずは、これを何度も練習しましょう。

最初のうちは、"A"だけを何度も叩き、
次は"I"だけを何度も叩き…、と
一文字ずつ位置を確認していきます。

慣れるにしたがって回数を減らし、最後には
AIUEOを連続して打っていくようにします。


母音に慣れたら、次は子音との組み合わせです。

"KA""KI""KU""KE""KO"
"SA""SI""SU""SE""SO"
"TA""TI""TU""TE""TO"


と、順番に練習していきます。

母音の時と同様に、"KA"ならこればかりを
何度も叩き慣れ、徐々に回数を減らします。

慣れるまでは面倒かもしれませんが、パソコンを
開いた、最初の5分程度で練習するクセをつければ
すぐに身についてしまいます。

先ほども言ったとおり、一度身につけてしまえば
一生使えるスキルですから、少し時間を割いて
練習する価値は、十分にありますよ。


■2.練習用のソフトを使う
―――――――――――――

ブラインドタッチの練習用ソフトは
有料無料を問わず、多数出ています。

それらの中から、面白そうなものを
見つけるのもいいですね。

ほとんどのソフトは、ゲーム感覚で取り組めます。
特打ヒーローズが有名だと思います。

遊んでいるうちに、ブラインドタッチが
身につくように工夫されているんですね。

ですから、気がついたらマスターできていた
という感じで、自然に身につきます。

まずは、検索エンジンで探してみてください。

寿司が回ってきて制限時間内に出てきた言葉を
入力しないとゲームオーバーになるやつが面白いです。

タイトルなどは忘れてしまったので
教えられませんが…(ちなみに無料です。)

これ以外にも面白いものが見つかると思いますよ。


■3.慣れるまで使い続ける
―――――――――――――

これは、決して根性論ではないのですが
完全に身につくまでは、じれったくなったり
不安になったりで、つい手元を見てしまいます。

すると、また見ないと打てない状態に
逆戻りしてしまいやすいのです。

これでは、もったいないですよね。

ですから、完全に身につくまでの間は
何とか踏ん張って、『手元を見ない』と、
決心してください。

これは、ブラインドタッチに限ったことでなく
新しいスキルを身につけるときの鉄則です。

山登りと同じように、登っている途中は
辛いことも、決して少なくありません。

ですが、そこで諦めてはいけないのです。

その先に、素晴らしい景色が広がり
深い満足感が待っているのですから。


ということで、ブラインドタッチを
身につけるための練習法をお話しました。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toshi356.blog.fc2.com/tb.php/164-9d629383

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。