究極の稼ぎ方は『教育』である - アフィリエイトで稼ぐ成功ビジネス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の稼ぎ方は『教育』である

究極の稼ぎ方は『教育』である、
というお話をしました。

実際にアフィリエイトで稼ぎたくても
どうすればいいのか分からない人は
今までも、これからも多数いるものです。

その人達に、アフィリエイトを教えてあげることで
感謝されながら、大きな利益を得ることができます。

そして、アフィリエイトで大きな成果を出した人ほど
今では教える側に回っているものです。

では、具体的にはどうすればいいのか?

ここが気になりますね。

ですが、その答えは、今までこのメールでお伝えし
実践してきたことの中にあります。

先ほど、私はこのようにお話しました。

教える側に回ることで
"感謝されながら、大きな利益を得ることができる"と。

この言葉で、お分かり頂けるのではないでしょうか?

つまり、これはパワーブログを中心とした
アフィリエイトで目指してきたことなのです。

ブランディングに力を注ぎ、ファンを獲得する。

そこで信頼関係を構築するから
スムーズに販売ができ利益が出る。

これが今までお伝えしてきた
アフィリエイトの手法です。

このブランディングや信頼関係を
さらに強固に、深く築きあげるのが
"教育"という形です。

言葉を換えると、パワーブログを中心とした
アフィリエイトの"発展形"が教育なのです。

ですから、今まで実践してきたことを
振り返り、深く掘り下げることで、
教える側に回れます。

そして、そのスタイルまで確立できれば
収入は、より安定するのです。

これこそ、私が
最終的にお伝えしたいことです。


では、そのために、具体的にどんなことが
必要で、どのように手順を進めればいいのか
その詳細を、見ていってみましょう。


【教えるために必要なことを洗い出す】

まずは、これまでの内容を振り返ることが必要です。

主に、

■1.このメールの内容を振り返る
■2.実践したことを振り返る

この2点が重要なポイントになります。


■1.このメールの内容を振り返る
――――――――――――――――

一度、今までお送りしてきた、このメールの
内容を、すべて振り返ってみましょう。

この中に、基本的なことはすべて詰まっています。

念のため、主要な項目をあげておくと、

・パワーブログの作成法
・アクセスの集め方
・SEOの基本
・セールスの極意
・リサーチの仕方
・ランディングページの作り方
・無料レポートの作り方
・ツイッターを使った集客加速法
・コンテンツを生み出す方法
・デザインなどの副業で稼ぐ方法
・コピーライティングのテクニック
・リスクヘッジの方法
・作業の効率化
・ブランディングの方法

など、こうして振り返ってみると
かなり多岐にわたっていますね。

まずは、これら一通りを振り返り
ポイントをまとめてみましょう。


■2.実践したことを振り返る
―――――――――――――――――――――――

基本的には、このメールでお伝えしたことを
実践していただいていると思いますが、実際に
取り組んだからこそ、分かることも多いはずです。

その、実感した
ポイントを書き出してみましょう。

自分が体験し、その中で感じたことは
完全なオリジナルです。

同じコンテンツ(このメールなど)を元に
アフィリエイトに取り組んでも、人によって
気づくことや、結果は違ってきます。

そこが、人間の面白いところなのです。

ですから、自身の経験に基づいた
気づきや感想を言葉に表してみてください。

それが、オリジナルの
コンテンツになります。

オリジナルのコンテンツを作り、それで教えられる
ということは、これから先もずっと
教えることで成果を出し続けられるということです。

ぜひ、それを目指してください。

また、どんなコンテンツにも
"著作権"があります。

それは、このメールも同じです。

誰かのコンテンツを、そのまま流用するのは
著作権違反ですし、最悪の場合、法的措置が
取られることもあります。

ですが、オリジナルのコンテンツなら
そんな問題は起こりえませんね。

もうすでに、これまでの経験で十分
オリジナルのノウハウが出来ているはずです。

心配せず、思い切って取り組んでみてください。

特に意識したほうがいいのは、
"どんなところで苦労したか"
ということです。

苦労したことは、他の人も
苦労する可能性が高いところです。

そこを丁寧に教えてあげられれば、
それだけで優秀な先生になれます。

当然ながら、ファンも多くなります。

すると文字通り、
『感謝されながら、成果を出す』
という理想的なビジネスができるのです。

教える人にとっても
両方にプラスになることです。

そのために、まずは実感したポイントを
すべて書き出しておきましょう。


さて、まずは自分自身のことを振り返り
教えるために必要な"素材"を確認します。

次に、その素材を使って、コンテンツを作る
ということになりますが、その前にもう一つ
必要なステップがあります。

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toshi356.blog.fc2.com/tb.php/291-1faa07a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。