”ある間違い”をおかしていませんか? - アフィリエイトで稼ぐ成功ビジネス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”ある間違い”をおかしていませんか?


この間、売れる文章を書くためには
何が重要かを考えてほしいと言いました。

僕の予想を超える多くの方が
頭をふりしぼって考えてくれたようで
非常に嬉しく思っています。


ただ、少し的外れな答えも多かったので(苦笑)
今日はこの問いを考える際にヒントになるような
ものすごく大事な話をします。



情報販売にしろ、
アフィリエイトにしろ、
リアルビジネスに応用するにしろ

インターネットを使って
利益を得ようと思うのであれば
間違いなく一番大切なことです。

何しろ利益に直結する話ですから。



ところで、モノを売るためにも
誰かと関係を築くためにも重要なのが
文章によるコミュニケーションだといいましたが

それでは、そのコミュニケーションを
一番行いやすい媒体は何だと思いますか?


これは、そんなに時間がかからずに
正しい答えに行き着けるのではないかと思いますが

「メール」のほかには考えられません。


そして、僕は以前からこのように感じています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■多くの方がメールの使い方を間違っている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分と相手(メルマガなら読者)を密接につなぎ
友好的な関係を築き上げることのできるメール。

もはや最強と言っても過言ではない
ビジネスツールです。


なのに、ほとんどの人が
目先の利益を追い求めて利用し
本来持つ力の半分も引き出せていないという現実…。


毎日多くの方に解除されながら
毎日多くの方から苦情のメールを受け取りながら
ほとんど売り上げも上がらない。利益も出ない。

そんな状態だから
発行することにすら疲れてしまう…。


外から見ててしんどくなるくらい
いっぱいいっぱいなメルマガ発行者。



周りにも
たくさんいるのではないでしょうか?



ただ、はっきり言って
これは非常にもったいないことです。

何しろ、一部の本質を理解した人々は
効果的に利益を上げ続けているのですから。



では、メールを最大限有効に活用するのに
一番大事なことは何なのか??
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


このことは、色んな場所でお話しているのですが
本当に本当に本当に大事なことなので
今日ここでもお伝えします。

ぜひしっかりと聴いてほしいと思います。




ちなみに、メルマガ・メールで
効果的な成果を上げたいと思ったら
押さえておきたいことは決して一つではありません。

ただ、今日は敢えて一つに絞ってお伝えします。


これは、僕からの
一つのお願いといっても過言ではないかもしれません。

自分の中にしっかりと落とし込んでくださいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールの持つ力を最大限に引き出す方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、いいでしょうか??


メールを使って最大限の利益を得たいと思ったら
メールがどんなツールなのかということに対する
「根本的な認識」を修正してください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



と言うのも、ほとんどの方が
おかしな捉え方をしています。


メールは、物を売るツールではありません。

メールは利益を上げるためのツールでもありません。



では、メールはどんなツールなのか。

それをこれからお話しするわけですが
おそらく、聞けば「あぁ。」と思うと思います。
「そんなこと知ってるよ。」と呆れるかもしれません。


ただ、”なんとなく知ってる”人は多いかもしれませんが
”どれだけ大事かを理解し活用できている人”は
驚くほど少ないのです。


月並みですが、”知っている” と ”できる”は違うのです。



そのことを踏まえて
よく聞いてほしいと思います。


僕からのメールの文字として目で見るのではなく
頭の中に流れる音声として耳で聴くのではなく
次の言葉を全身で受け止めてみてください。



メールは、「何かを伝えるためのツール」です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



あなたの想いを。

あなたが知っていて、相手は知らないメリットを。

相手が気づいていない本当の価値を。


それらを正確に伝えることによって
売り上げとか利益とか、信頼とか、尊敬とか
そういった”メリット”は後からついてくるのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■具体的な例を挙げましょう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「伝える」を意識するとセールスがどのように変わるかを
5000円の商品を販売することを
例に挙げて説明してみます。


その商品にどんな特性があるのかを説明する際にも
「相手に伝える」ということを意識できていれば
独りよがりな解説にはならないはずです。


■商品を販売している自分しか知らない長所
■なぜ5000円で、どこにそれ以上の価値があるのか
■今日で先行販売価格が終わってしまうということ
■他の商品と比較する際に注目してほしいポイント



相手が思わず感謝してしまうようようなことを伝えるのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「感謝する」というレベルまでいかなくても
嫌悪感を抱かない程度に留めておいてください。




例えば、電器店や、洋服屋さんに買い物にいったときに
頼んでもいないのに、やたらとついて回ってきて
色んな商品情報を押し付けてくる方がいます。

「新商品なんですよ」
「絶対にお買い得ですよ」
「あと2個しかないから、今買わないとなくなりますよ」
「限定タイプなんですよ」


それこそ、彼が提供している情報”量”は、確かに多いです。

しかし、多くの場合
お客は彼のことを快くは思いません。


なぜなら、独りよがりな情報を
ひたすら押し付けてくる彼は

買い物という行為において「味方」ではなく
財布を脅かす「敵」だからです。

少し大げさですが
決して笑い話ではありません。



それよりも、店内を回っている様子を遠巻きに眺めていて
困った時にすっと寄ってきて、必要な情報を提供して去っていく。

情報”量”は多くないけれど、情報の”質”はかなり高い。


そんな店員にこそ
好感と感謝を抱くとは思いませんか?


これは逆に、買い物という行為において
彼が「味方」だからです。(少なくとも敵ではない)



では、そんな、自分が欲していた情報を
あくまでさりげなく提供してくれた店員が

「あ、これ後2個しか在庫が残っていませんので、お気をつけて」

と付け加えたらどう感じるでしょう。

素直に「気をつけよう」と思えるはずです。



ちなみに、興味深いのが
先に挙げた「押し付け店員」も
これと同じ情報を提供しているのです。(確認してみてください)


同じ情報を与えているのに
感じ方が違う、反応の仕方が違う。

後者の店員が伝えた情報は
押し付けられた「要らない情報」ではなく
親切で提供された「ありがたい情報」なのです。


同じような「いい情報」を与えられても
信頼できる人からの情報は素直に聞き入れられるけど
そうでない人からの情報は、本当だろうかと怪しんでしまう
ケースと似ています。



大事なことなので繰り返しますが
メールは何かを売るためのツールではありません。

「伝える」ためのツールです。


だんだんと頭の中に染み込んできましたか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ただ、こんな勘違いはしないでください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ただ、「伝える」と言っても
売るために伝えるのでは何も変わりありません。


前回のメールの問いかけに対して

「売れる文章なんて傲慢なもの存在しませんよ」

という意見を送ってくれた方がいましたが
まさにそのとおりなのです。



「売るために、文章でどうこうしてやろう」

というのは間違いで
「伝えた結果、売れる」というのが理想なのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(まぁ、本当にスキルがあればゴミを売りつけることもできますが)



ここだけは間違えないようにしてくださいね。



「売る」ではなく「売れる」。

売るために、何かを伝えるのではなく
何をどう伝えたら、相手が気持ちよく買い物ができるか
を考えるのです。


「そんなもの、同じじゃないか!」

と反論したくなるのであれば
先ほどの2人の店員の話を思い出してください。


後者の店員も、同じ店員なのですから
仕事上の目標は「商品を売ること」です。

商品の情報も、在庫が少ないという情報も
「伝えた結果で商品が売れればいいな」
と思っているのは間違いありません。


しかし、あなた自身が上の例で感じたように
その伝わり方には大きな差があります。



この、違いこそが

「売るために伝えた情報の伝わり方」と
「ただ、必要なことを伝えただけの情報の伝わり方」の
ものすごく大きな違いなのです。


なんとなくでもいいので、理解できるでしょうか?



もしあなたが、メールを使って読者との関係を築きたい
商品の販売数を最大にしたい、と本気で思うのであれば


メールでモノを売ろうと考えないで

メールで利益を上げようと考えないで


まずは、メールで
自分が伝えたいことを正確に伝えてみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



たしかに、メール1通配信する際にも
実に多くのテクニックがあります。


商品を販売するのであれば
その売り上げを大きくするために…

アフィリエイトをするのであれば
1本でも多く成約するために…

有効なテクニックはたくさんあります。



しかし、メールがどんなツールかという
根本的な認識が間違っていれば

なかなか思ったような成果を得ることはできませんし
仮に利益がでても、短期的なものにしかなりません。


非常に残念ですが、事実です。



薬が、使い方を謝れば毒にもなるように…
インターネットが本来は軍事的な目的で開発されたように…

どんなに優れた技術でも、有効なテクニックでも
使い方次第では全く効果を発揮しなかったり
逆効果だったりします。


だから、一番土台になる部分が大事なのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おろそかにされがちですが、敬遠されがちですが
やっぱり大事なのです。


「急がば回れ」

よくできたことわざです。



そして、メールがどんなものであり
どういう風に活用するべきものなのかという土台があると
様々なテクニックも、ものすごく活きてきます。


メール・メルマガで利益を上げたいと思うのであれば
今日の話を忘れないようにしてください。


たしかに、メールというツール自体は
モノを売るために使えるんだけど、根本に置く考え方は
「あくまで何かを伝えるためのもの」であるということ。


本当にいい商品を必要な方に売る場合には
「必要な情報を正しく伝えるだけ」でOKなのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日一番お伝えしたいのはこのことです。




ちなみに、こういう土台があるのは最低条件になりますが
効果的に使えば驚くほどの威力を発揮する
テクニックというものも、もちろんあります。

------------------------------------------
■ビジュアライズ
■リンキング
■1アプローチ・1メッセージ
■リスクリバーサル
■メイクカスタム
------------------------------------------

これはあくまでごく一部ですが
このような反応の取れるテクニックはたくさんあるのです。

あるのですが、最も大事なのは
そのテクニックを使うマインドセットである
ということを忘れないでほしいと思います。


ここが抜けると
本当に驚くほど成果が出ませんから。


ではでは。

今日も長くなりましたがこの辺で。


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toshi356.blog.fc2.com/tb.php/319-83786ae5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。