付加価値を付ける商品紹介法 - アフィリエイトで稼ぐ成功ビジネス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

付加価値を付ける商品紹介法

一見価値がなさそうなものでも
宝物に変わってしまう。

そんな魔法のような力が
オークションにはあります。

ですが、せっかくの宝物であっても
それをどんな風に見せるかで
価値は変わってくるものです。

同じ宝物なら、より価値の高い宝物として
出品し、落札してもらいたいものですよね。

そこで今日は、どうやって価値を上げるのか
具体的な方法を見ていきたいと思います。

オークションで工夫できるのは、

■1.商品タイトル
■2.商品の紹介文
■3.商品画像

この3つだけです。


これらを、魅力的なものにできれば
商品自体の付加価値が上がりますので
一つずつ、しっかりマスターしましょう。


■1.商品タイトル
―――――――――

まずはタイトルですね。

これで注意を引けるかどうかで
半分以上が決まってしまいます。

というのも、タイトルで魅力を感じなければ
それ以上は、誰も見なくなるからです。

ですから、ここにはエネルギーを注ぎましょう。

商品の特徴やセールスポイントが
一目でわかるようなタイトルが理想です。

また、特に目立たせたい項目には
【】や☆などの記号を使うのも効果的です。

実際にヤフオクのサイトを見てみると
出品者が、どんな風にタイトルをつけ
目立たせているかが分かると思います。

また、楽天の各ショップが、どんなタイトルを
つけているかも、見てみると参考になります。

その他のショッピングサイトや、
ニュースサイトなどもタイトルには
かなり工夫が凝らされています。

これらは、すべて参考にしましょう。

ちょっとでも気になったタイトルがあれば
メモなどに控える習慣をつけるといいですね。

それによって、センスも磨かれていきます。

いかに、注意を引くタイトルを付けるか、
そこを意識して考えていきましょう。


■2.商品の紹介文
―――――――――

タイトルが決まれば、次は紹介文です。

ここでは注意を引くことより、
詳細な説明が重要です。

特に、故障品や不用品などの場合は
傷の有無や問題がある部分を明記し
状態を正確に伝えましょう。

これが不十分だと、クレームに発展する
可能性もありますから、注意が必要です。

タイトルにはインパクトが必要ですが、
紹介文に必要なのは"誠意"です。

商品の状態から始まり、特に気に入っている
ことや配送方法など、気がついたことはすべて
書くようにしましょう。

ここは、詳しければ詳しいほど良いです。

訪問者が購入を検討するための判断材料は
この説明文のみですから、そのつもりで
書き残しがないように注意してください。

できれば、訪問者が何を知りたいかを
考えながら、文章を書いてみてください。

すると、伝わりやすい説明になるはずです。


■3.商品画像
―――――――

タイトルと同じくらいインパクトを
与えるのが、商品画像です。

文字で伝えきれないとこを伝えるような
つもりで、丁寧に撮影しましょう。

気をつけるべきポイントは

・明るさ
・大きさ
・背景

の3つです。

まず"明るさ"ですが、商品の状態が
分かりにくいのは論外ですので
十分に照明を当てましょう。

できれば、天気の良い日の太陽光を活用できると、
自然な明るさの写真が撮れます。

それが難しければ、照明器具の
角度などを工夫してみましょう。

カメラのフラッシュを使うと
色合いが変わってしまいますから
なるべく照明の方で工夫したいものです。

できるだけ、実物に近い色合いで撮れる
方法を見つけてみてください。


次に、"大きさ"です。

これは画像そのもののサイズではなく
全体像と部分像というように、何種類かの
バリエーションを持たせるということです。

全体像が必要なのは言うまでもありませんが
ポイントになるものの部分写真も重要です。

特に、傷や汚れがあるようなら
それがハッキリと分かるような
画像は必ず用意しましょう。

隠すつもりがなかったとしても
明示していなければ、クレームの
原因になる可能性が高くなります。

無用なトラブルは最初から避けましょう。

要は、商品のイメージをできるだけ
正確に伝えることです。

そのために、大きさや角度などを変え
商品の状態がよく分かるようにしてください。


最後が"背景"です。

同じ品物でも、背景によって
印象が大きく変わってきます。

基本的には、白っぽい背景が無難です。

よほど大きな商品でなければ
模造紙などを活用すると、
簡単に白い背景が作れます。

商品自体が白っぽいものであれば
黒い背景など工夫してみましょう。

これも目的は、商品の状態が分かりやすいように
することですから、落ち着いた背景での撮影を
常に心がけましょう。


さて、効果的な商品の紹介法ということで、

■1.商品タイトル
■2.商品の紹介文
■3.商品画像

の3つのポイントを見てきました。

タイトルのところでもお話しましたが、
実際にヤフオクのサイトを見ると
参考になるものがたくさん出ています。

特に、自分が出品するジャンルや、興味がある
商品などは、しっかりと見ておいてください。

それで、傾向がつかめてくると思います。

判断基準は、
「自分なら、どう紹介されると欲しくなるか」
というところですね。

自分が欲しくなるような紹介ができれば
人も欲しいと感じる可能性が高いです。

ですから、それを一つのセンサーにして
効果的な紹介方法を見つけていきましょう。


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toshi356.blog.fc2.com/tb.php/329-5a8e05ab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。