アクセスアップの記事の書き方。 - アフィリエイトで稼ぐ成功ビジネス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセスアップの記事の書き方。

興味深いタイトルコピーを考えた後は、
参考になる記事を書く必要があります。


そこで参考にしたいのが、


アメリカの広告のドン、
マクスウェル・サックハイムが
残したこのメッセージです。


「お客様は、あなたの広告は見ない」
「お客様は、あなたの広告を信用しない」
「お客様は、あなたの広告を見ても行動しない」


私は何度もこのメッセージを意識して
コピーを書き続けてきました。


ブログの記事、
メルマガの記事、
外注で受注したセールスレターのコピー、


全てこの3つの条件を意識しています。


コピーを書く際にはこの3つ、


「見せる」
「信用させる」
「行動させる」


ことを意識し続けて書けば、
売れる文章になりますし、
ファンを増やす文章になります。


パワーブログを作っていくためには、
いかにファンを増やすかが至上命題です。


読まれない文章はただの文字です。


私達は一記事一記事に
命を吹き込んでいかないといけません。



さて、その上で、
この3つの壁を乗り越える
9つの要素をお伝えしようと思います。



――――――――――――――――――――――
■ターゲットに
「見せる、信用させる、行動させる」9つの要因
――――――――――――――――――――――


■1.キャッチコピーで注意喚起する
―――――――――――――――――

ターゲットにまず記事を見てもらうためには、
件名で注意喚起しないと始まりません。


その時少しばかり大げさに言って
お客様をキャッチしてください。


そしてその後に必ず理由を述べることを
忘れないでください。


ビックリさせたままだと信用してくれません。



■2.ストーリーを入れる
――――――――――――

様々な場所でストーリは使えます。

流れは簡単です。

1.今出来ている姿
2.過去出来ていなかった自分
3.出来るようになるまでの過程
4.理想を達成する苦難、壁
5.成功(他人の成功)

この流れは黄金律ですので、
記事を書く際も利用してみてください。

特にセールスを行うときに有効です。



■3.購入者の声
――――――――

ネットでは多くの商品に
購入者の声を入れています。

いまから買おうか悩んでいる人が
購入後の未来の姿を見ることができるからです。

セールスを行う時は、
文字ベースでもなるべく
たくさんの声を入れてください。

サンプルがあればあるほど多くの人が
近い将来の自分に出会えるからです。



■4.有名人の推薦文を入れる
――――――――――――――

ネットに限らず多くの広告媒体で
芸能人や大学教授などの商品の
推薦文を見かけます。

権威のある人からの推薦だと
「これは素晴らしい商品だ」と
ターゲットに思わせることができます。



■5.写真やグラフを入れる
―――――――――――――

ブログには基本は文字で情報を
掲載するものですが、商品をはじめ、
写真やデータなどを掲載すると
尚反応がよくなります。

ネットの世界では対面販売ではないため
信じてもらえないことが多々あります。

写真や科学的根拠を示すグラフを入れることで
ターゲットに安心感を与えることができます。



■6.デメリットを言う
―――――――――――

デメリットを素直に言うことでターゲットに
誠実な気持ちを伝えることができます。

パワーブログには色々な情報を
掲載していきますが、どれも全てが
100%の結果を残すものではないはずです。

条件
状況
要素

色々な観点からみて、
デメリットもある場合は率直に
伝えることです。

デメリットは隠すからマイナス要素ですが、
公にすればメリットに働く事が多いです。



■7.具体的な数字で見せる
―――――――――――――

例えばアクセスアップのやり方を
公開しているブログだとすれば、

「具体的なアクセスアップの数字」

を文字はもちろん、画像などで掲載する
ということです。

具体的な数字を人は信頼しますから、
もし記事に数字を持ち出す場合は、
これでもかというくらい調べた
数字を出したほうがいいです。

逆に言うなら、
中途半端な数字は出さないほうがいいです。

ある程度調べあげた末、
その上で公開していきましょう。



■8.限定の数を入れる
―――――――――――

販売する個数や時間などの
数字を入れると注意を引きます。

特に物販アフィリエイトの場合は、

「残り10個限定」
「販売終了まであと3日と14時間58分41秒11」

というシチュエーションが
必ず出てきますのでそういう場合は
数字をバンバン出していきます。

これが、

「すぐに行動しなくてはいけない」

という喚起につながります。



■9.ニュースや季節を入れる
――――――――――――――

自分が書こうとしている商品のコピーに
ニュースや季節を加えると行動喚起につながります。

補助金の出る「エコカー減税」、商品と交換してくれる
「家電エコポイント制度」など期間が限られたニュース。

またバレンタインデーや子どもの日、
クリスマスなどの季節行事も緊急性が高いです。



以上、


「見せる」
「信用させる」
「行動させる」


の壁を乗り越えるために
ボディコピーで書くべき
9つの要素を取り上げました。


人気ブログであればあるほど、
こういうコピーの力を使っています。



さて、これらの要素を意識しながら
記事を書いてみて下さい。


今まで全く反応の無かったブログでも、
10倍、20倍の確立で反応が
出てくるはずです。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toshi356.blog.fc2.com/tb.php/74-743d5c98

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。