デザインも重要です。 - アフィリエイトで稼ぐ成功ビジネス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザインも重要です。

サイトのデザインで、特に大切なのは次の3つです。

■1.ヘッダーの変更方法
■2.サイドバーの設定方法
■3.サイト全体の色の設定

では、順に説明していきます。


■1.ヘッダーの変更方法
――――――――――――

これは、パワーブログの説明でも触れましたが、
やはりヘッダー部分はとても大切です。

ページを開いた瞬間に飛び込んでくる
言わばサイトの"顔"に当たりますから
第一印象を決定づけてしまいます。

ですから、ここはしっかりと
考えて、作りましょう。

しかし、凝り過ぎるのは禁物です。

以前にもお話したとおり、

1.シンプル
2.単色or2色
3.文字はタイトルとサブキャッチのみ

この3つのポイントを意識してください。

ここを極めると、プロっぽいデザインに
手が届くようになりますから。

また、ヘッダーには画像が必要ですので
GIMPなどの画像加工ソフトも、よく
使い慣れておいてください。


■2.サイドバーの設定方法
―――――――――――――

ブログには最初から、いくつかのテンプレートがあり
その中から、デザインを選べるようになっていますね。

それらは、大きく2種類の
デザインに分かれていると思います。

"2カラム"と"3カラム"と呼ばれるものです。

2カラムは、本文が書いてあるコンテンツ部分と
左右どちらかのサイドバーがあるデザインで、

3カラムは、コンテンツ部分をはさむように
左右両方にサイドバーがあるデザインです。

そしてホームページも、このどちらかで作成します。

2カラムと3カラム、それぞれに特色があり
どちらが良いのか、一概には決められません。

表示したい情報が多ければ、3カラムの方が
適していると言えますが、全体の見やすさを
考えると、2カラムの方がスッキリします。

ですので、当初は2カラムで作る方が
無難だと思います。

また2カラムでも、サイドバーを左右どちらに
持ってくるかも迷うところですが、一般的に
サイトの左上が、一番見られやすいと言われます。

ですから、まず本文を見てほしいのなら右サイドバー
逆にバナーなど、サイドバーの情報を見てほしいなら
左サイドバーのデザインを選ぶといいでしょう。

そしてこれらのデザインは、先ほどお話した
"CSS"だけで簡単に変更することができます。

なので、サイドバーの変更方法を
重点的に学んでみてください。


■3.サイト全体の色の設定
―――――――――――――

これも無料ブログのテンプレート見ると
様々な色使いのものが作られていますね。

背景色と文字色の組み合わせで
サイトの印象は大きく変わります。

ただ、これも凝り過ぎは禁物です。

あくまでも私達の作るサイトは
訪問者に情報を伝えるためのもの。

ということは、文字が読みやすい配色が必要なのです。

そこで覚えておいていただきたいのが
最も定番とされている配色です。

それは、

・背景=白
・文字=黒
・リンク=青

と、なります。

やはり白い背景に黒い文字ほど
誰にも読みやすい配色はありません。

そこに変化を持たせるために
赤などを付け加えるのです。

そして大切なのがリンク色。

これは絶対に青にしておきます。

なぜなら、多くのサイトでリンクは青が使われており
青で書かれている文字はクリックできるという
共通の認識みたいなものが、浸透しているのです。

付け加えると、青い文字に下線を入れておけば万全です。

この3色は、原則として覚えておいてください。

無料ブログのテンプレートには、淡い文字色や
リンク色を使っているものもありますが、
そこはマネをしないように注意してください。

特に、ビジネス用のサイトとしては
淡い色使いは厳禁と考えるほうが良いでしょう。

もし、どうしても違う配色にするなら
黒い背景で白い文字という手もあります。

これは上手に使えば、高級感のある配色になりますが
リンク色の青が目立ちにくいという欠点があるので
基本的には、あまりお勧め出来ません。

ただし、コンテンツ部分を白い背景に黒い文字に
しておけば、その外側の背景色は自由に選べます。

この辺りの設定も"CSS"で変更できますので
どんな配色がいいかを、試してみてください。

今なら4万9000円分の無料プレゼント中



スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://toshi356.blog.fc2.com/tb.php/80-b30b9f88

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。